エホバの証人のみなさん 元エホバの証人のみなさん

エホバの証人ではなく、聖書が教える罪からの救いとは?

おかもと
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。
あずまさん
おかもっさん!!

あんさんは罪びとやで!!

おかもと
あずまさん!!

いきなり何ですか?

あずまさん
そういう風に言うとどう答える?

私はエホバの証人時代、人は皆罪びとであると教えられてきました。

なので、人は罪を持った存在であることはよく理解していたつもりでした。

私がパート時代にパート先の主任さんがこのようにおっしゃったことがありました。

”人間は皆不完全だからね、完璧な人はいないよ!!”

当時私は人は不完全と聞くとどうしてもエホバの証人モードになってしまい、主任さんにこういったことがあります。

おかもと
主任さんおっしゃる通りです

実は聖書にもそのことが書いてあるのですよ

・・・とエホバの証人時代に伝道したことがあります。

島西牧師
おかもとさん!

パート先の人たちにも伝道されていたのですね

おかもと
母親にそのことを言うと、

あんたそれ時間つけられるよ!とアドバイスしてもらった記憶がありますね

島西牧師
それこそTHEエホバのお母さん発言ですね!!
おかもと
しかしキリスト教会に通いだしてから、罪びとであることを意識しだしたのは最近ですね
あずまさん
じゃぁ!

わしの質問は妥当やったってことやんな?

おかもと
・・・
あずまさん
なんか言うてぇな!
島西牧師
・・・とりあえず今回は罪についてご一緒に解説していきましょうか?

 

人の心の中には罪の意識が眠っている

おかもと
万引きや殺人事件、そして最近では高速道路でのあおり運転の被害など本当に多いですよね?
あずまさん
そのセリフ

何か聞いたことあるで!

これは私がエホバの証人時代に伝道をしているときに言っていた言葉です。

しかしこう言ったことは、日本でもほぼ毎日どこかで起こっています。

世界で見るとこれらのことが、日本の数十倍起きている国もあるでしょう。

おかもと
そういえば、20年以上前にパート先に兄の自動車を借りて通勤していた時のことです
あずまさん
おかもっさん何かあったんか?
おかもと
急に猛スピードで私の車を追い抜こうとしていましたが、私もムキになって追い抜きを止めたんです
あずまさん
おかもっさん大胆やな!
おかもと
それからその車が私の車を追い抜いて、私の車の走行の邪魔をしてきました
あずまさん
おかもっさん!

その時どう思ったんや?

おかもと
いや~もうスゴく腹が立ちましたよ!エホバの証人とはいえ頭に血が上りましたね
島西牧師
おかもとさん

スゴく興味深いお話しありがとうございます

おかもと
ただ私のお恥ずかしい話でしたが・・・
島西牧師
人は皆アダムの子孫なので、どんなにいい人でも心の中に罪の意識があるのです
あずまさん
こないだの煽り運転で死亡させてしまった犯人も、婚約しとった普通の兄ちゃんやったやろ?
島西牧師
なので、人は皆罪の性質を持って生まれてきているのです

例え、私のような牧師でもそういう心はあります

あずまさん
わしもそうなんや!
おかもと
じゃそれって誰にでもある普通のことなんですね・・・

 

なぜ人の心に罪が入り込んでしまったのか?

おかもと
島西牧師のところでは罪はどのように入り込んでしまったのかと教えていますか?
島西牧師
私たちもエホバの証人と同様アダムを通じて、罪が入り込んだと教えています
おかもと
前に別の教会に行った時は、そうではないと言われましたが・・・

 

ちょっと余談ですが・・・

これは私おかもとの経験ですが、聖書信仰と言いながら実は聖書は矛盾があると教えている牧師は、あまり罪というキーワードを使いたがりません。

島西牧師
おそらく、

おかもとさんが行かれた教会の牧師は、自由主義神学を学んでいるものと思われますね

あずまさん
自由主義神学の特徴は、聖書には誤りがあって進化論を肯定しとるんや
島西牧師
因みに私たちは自由主義神学を否定しています

 

神様側から見る罪とは何か?

あずまさん
またまたおかもっさん!!

あんさんは罪びとやで!!

そう言われるとどう思う?

おかもと
ムッとしますね
あずまさん
せやろ!

わしもそう思うんやな

私とあずまさんとの会話の中でも、罪と聞くと確かにネガティブな違和感を感じてしまいます。

おかもと
目立った犯罪も犯していませんし、盗みもやっていませんよ

しかし神様の目線で見ると、視点が異なります。

島西牧師
いつものように図を作ってみました

 

おかもと
これを見る限り悪いこととだと思うカードばかりですね
島西牧師
恐らくそうでしょう

ではここにモーセの律法という枠を入れますね

 

島西牧師
おかもとさん

これらの律法は守れそうですか?

おかもと
う~ん

守れるかもしれませんね

島西牧師
ではイエス様が山上の垂訓でおっしゃられた枠を入れてみますね

 

おかもと
これは難しいですね

恐らくできないと思いますし、過去にこれらのことをしたことがありますよ

島西牧師
恐らくできないと思います

これらのカードに書かれていることをやってしまうと、ゲヘナ(地獄)行き・・・

つまり人の死後、地獄へ行ってしまうことになります。

島西牧師
これが神様の基準です
あずまさん
聖書にも書かれとるやろ

ローマ5章13節にも律法が無ければ罪と認識できないと・・・

つまり島ニッさんの言いよった枠とは律法の枠のことなんや

おかもと
ええ!!

じゃ誰も守れないじゃないですか?

島西牧師
だから皆、アダムとエバの罪を引き継いでいるのです

聖書にこのように書かれていますよね

エペソ人への手紙(エフェソス)2章3節

わたしたちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、ほかの人々と同じように生まれながら神の怒りを受けるべき者でした。

出典:新共同訳聖書より

島西牧師
人は皆全員、神の怒りを受けるものなのです

言い換えると人の初期設定は地獄へ行ってしまうということですね

あずまさん
だからわしらでは自分を神の怒りから救うことはできへんのや!!

 

そのため、神は人となられた

人は誰も、神様の怒りから自分を救うことはできません。

おかもと
しかしこの見出し”神は人となられた”とありますが、よく理解できません
島西牧師
おかもとさんは元エホバの証人でしたよね

イエス様が神なのかについてはこちらをご覧ください

三位一体ではない!?エホバの証人の教えは本当なのか?(イエス編)

あずまさん
造り主の観点から見れば、人はみなゲヘナ行きなんやな
島西牧師
しかし神様は私たち人間をとても愛しているのです

そのことが分かる聖句を引用いたしますね

エペソ人への手紙(エフェソス)2章4節~5節

しかし、憐れみ豊かな神は、わたしたちをこの上なく愛してくださり、その愛によって、罪のために死んでいたわたしたちをキリストと共に生かし、あなたがたが救われたのは恵みによるのです。

出典:新共同訳聖書より

島西牧師
イエス様が約2000年前にこの地上に来られました
島西牧師
そして本当は私たちが受けるべき罰である神様の怒りを代わりに受けてくださいました
あずまさん
聖書ではそのことをただ信じるだけで罪から救われると書かれてあるんやな
おかもと
しかし私はエホバの証人時代、罪は人が死ぬことで罪から解放されると学びましたが・・・
あずまさん
も~エホバの証人ってけったいな宗教やな!!
島西牧師
あずまさん

少し深呼吸いたしましょうか?

おかもとさんそのことについて解説いたしますね

 

エホバの証人が教える罪の解放とは何か?

エホバの証人が思っている罪と、聖書に書かれている罪とでは意味が異なります。

このことはエホバの証人公式WEBサイトに書かれています。

罪に対する罰は死であり,火の燃える地獄での責め苦ではない。
死んだ者は自分の罪から放免されているのです」。―ローマ 6:7。

出典:エホバの証人公式WEBサイトより

あずまさん
うん?

どういうことや??

島西牧師
エホバの証人が思っている罪を図にしてみますね

 

あずまさん
ローマ書6章にそういったこと書かれとったか??
島西牧師
この個所は新共同訳と新世界訳とで言い回しが異なります

比較を図にしました

 

島西牧師
新共同訳聖書ではわたしたちの罪はキリストの十字架と一緒に死んだものとされたとあります
あずまさん
エホバの証人の新世界訳では何か文書が分かれとるよな・・・
島西牧師
また比較の図を表示いたしますね

 

島西牧師
しかし新世界訳ではこの罪の文章がつながりません

 

あずまさん
ホンマや!!

だから人は死ぬとその人の罪は解放されるとあるんやな

 

ものみの塔ではなく、聖書から学ぶ罪からの解放方法とは?

島西牧師
これはズバリ!イエスキリストの福音を信じることです
おかもと
それプラス、伝道や集会に行くことも救いではなないのですか?
島西牧師
そうであれば、イエス様の犠牲が無駄になるのです

そのことが書かれている聖句を引用いたしますね

エペソ人への手紙(エフェソス)2章8節~9節

事実、あなたがたは、恵みにより信仰によって救われました。このことは、自らの力によるものではなく神の賜物です。行いによるのではありません。それは、だれも誇ることがないためなのです。

出典:新共同訳聖書より

島西牧師
ここでははっきり信仰により救われると書かれています

そして自らの力ではなく、行いによるものでもないともはっきり書かれています

あずまさん
これが聖書の教えなんやな
おかもと
しかしヤコブの聖句を見るとどうしても義務のようにしか見えない箇所がありますが・・・
あずまさん
おかもっさん!!

あんさんホンマによう島ニッさんいじめるん好きやな!(笑)

おかもと
いやいや
島西牧師
そういうおかもとさんの意気込みは本当に素晴らしいです!!

ではヤコブの聖句をご説明いたしますね

 

信仰によって救われた人々が行うこととは?

島西牧師
確かにヤコブ2章17節を見ると行いを伴わない信仰は死んだものと書かれていますね

ヤコブ2章17節

信仰もこれと同じです。行いが伴わないなら、信仰はそれだけでは死んだものです。

出典:新共同訳聖書より

島西牧師
いつものようにイラストで説明いたしますね

 

おかもと
ヤコブ2章は救われた後に適応される聖句なのですね
島西牧師
その通りですね

極端なお話しですが、万引きをしているクリスチャンは神様への信仰があると思います?

おかもと
確かに無いと思いますね
島西牧師
またウソを毎回ついているクリスチャンも同じことが言えると思います
あずまさん
イエス様に信仰を置くと何も心配しなくても自然に義の人になるんやな~これが
島西牧師
あずまさんのおっしゃる通りですね
島西牧師
補足ですが、エホバの証人バージョンの同じようなイラストをお作りしました

 

あずまさん
島ニッさん!!

ちょっと悲惨に描きすぎちゃうか?

 

イエスキリストへの信仰があれば自然に伝道をしてしまう?

これは私おかもとの体験になります。

私はキリスト教会に通いはじめた時、絶対に伝道はしないと思っていました。

そして家族にも聖書の教えを伝えたりしていませんでした。

あずまさん
ほんまにおかもっさんエホバの証人時代の伝道がよっぽどイヤやったんやな!

しかしイエスキリストを主として信じるようになると、自然に家族を教会に誘ってみたり、クリスマスのビラを配りに行ったりしていました。

このブログもそうですね。

私おかもとはこのブログをエホバの証人のように半強制的にそして義務として、または他人から言われてやっておりません。

もしそうであったならはじめから辞めていたと思います。

イエスキリストを心から信じると、自然にそうなるというのが正解だと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人はアダムとエバから受け継いだ罪を持っています。

これは人であればどの国籍の人だろうが、誰でもそうだと聖書は教えています。

罪は神の怒りをもたらし、結果としてゲヘナ(地獄)へ行ってしまいます。

しかし神様はそういう人間をとても愛しているので、自ら人となり十字架で人間の罪のために亡くなられました。

そのことを信じるだけで人は救われ、天国への希望を持つことができるのです。

人は信仰を持つと義の人になります。

つまり信仰を持つと、自然と行いも伴ってきます。

もしまだ心からイエスキリストを信じていない方は、教会の牧師を尋ねられるとよいと思います。

あずまさん
一人で学ぶより、島ニッさんのような牧師と聖書を学ぶことをオススメしますわ!!

このブログでもオススメ教会のページがございます。

是非そちらのページも参考にしてみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 聖書を学びなおしてみませんか? , 2018 All Rights Reserved.