エホバの証人のみなさん 元エホバの証人のみなさん

私のエホバの証人だった履歴書 小学生時代 その4

おかもと
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。
あずまさん
前回も小学4年の話やったよな・・・

今日もするんか?

おかもと
まだ話足りないんですよね・・・
島西牧師
いいですよ!おかもとさん続けてください

登場人物

おかもと

後エホバの証人となる小学生

おかもとの母

エホバの証人となった

広畑先生

小学校の教諭

おかもとがいるクラスの担任教師

キリスト教徒であると思われる

大元君

九州からやってきた転校生

お父さんはキリスト教の牧師

注意※ 会衆名、登場人物は全て仮名です。

 

漢字テストが良いのはエホバのおかげ?

私は小学4年生の時、よかったことがあります。

それは漢字テストです。

漢字テストだけは誰にも負けないぐらい頑張れたと思っています。

しかし母親は私の漢字テストの成績を見てこう言いました。

”エホバのおかげよね”

あずまさん
ええ!!そんなん言われるのんかいな!!
島西牧師
あずまさん落ち着きましょうか!

しかしこの答えに私は納得がいきませんでした。

”毎日コツコツ漢字の勉強してきたからいい点数がとれているんじゃないのか?”

そう言ってくれたのは私の兄でした。

”私の聖書物語の本を読むようになってからあなたの成績が上がったのよ!”

という母親。

兄はエホバの証人の組織が異常なことに気づきはじめました。

私も漢字の成績の事で全否定された気分になったので、集会に行くのを辞めることにしました。

 

厳しい先生から最後の審判の話をされる

私は小学5年生となっていました。

厳しい先生で有名の広畑先生が私の担任となり、重い一年になるなと思いました。

広畑先生はタバコも酒も一切口にしない先生でした。

まさに自分に厳しく人にも厳しい先生だったと思います。

この先生が口癖のように言っていた言葉があります。

それは・・・

君らの時代は貧乏になる!!

あずまさん
確かに今はバブルの時よりも景気は悪いからある意味当たっとるかもしれんへんな

そしてもう一つ言っていたことがあります。

聖書では世の終わりに最後の審判が起こると予言されている

私はこの時母親からエホバの証人の教理を学んでいたので、心の中でそれは違うと思っていました。

今考えるとこの広畑先生は、聖書の教えを小学生にしていたのではないかと思っています。

島西牧師
広畑先生はけっこう先見の目があるというか、非常に優秀な先生だと思われますね
おかもと
当時はあまり好きではありませんでしたが、今は納得のいく教育方法をされていたんだなと改めて感じますね
島西牧師
因みに最後の審判はエホバの証人は否定していましたよね?
おかもと
地獄が無いと教えられたからでしょうか?
島西牧師
その通りですね

最後の審判についてはへブル9章27節にこうありますね

また、人間にはただ一度死ぬことと、その後に裁きを受けることが定まっているように、

出典:新共同訳聖書より

島西牧師
この箇所は新世界訳ではだいぶ濁した感じで書かれていますね

 

牧師の息子さんが新しい友達となる

小学校6年生になった時、九州から大元君が転校してきました。

ちょうど席が私の隣になり大元君と私はすぐに仲良くなりました。

早速大元君の家に遊びに行くと、何やら大きい建物を案内されました。

”うん?これは教会じゃないの?”

大元君の家は教会兼宿舎だったのです。

そして大元君は牧師の子供でした。

教会と言えば、エホバの証人が大いなるバビロンと言っているグループです。

流石に私も悩みました・・・

しかしせっかく仲良くなったので、一緒に遊ぶことになりました。

 

教会に行けばエホバの証人を批判する本がずらり!

大元君が教会に遊びにおいでよと誘われましたが、私は断りました。

しかし学校が終わってから大元君と教会探検をしたことがあります。

私は教会の本棚を見ると、そこにはエホバの証人を批判する本が並んでいました。

私はその本を少しだけ読みました。

1914年にこだわることや、輸血禁止がおかしいことも書かれていました。

しかし母親からそれらの本は背教者が書いている本だから見ないようにと教えられていましたので、その本の内容は信用しませんでした。

 

僕の方が聖書詳しいよ!!

ある日、大元君と私は聖書についてどれだけ知っているのか競い合ったことがあります。

審判は大元君のお父さんである牧師でした。

お互いクイズ形式で聖書の話題を取り上げては答えていきます。

あずまさん
どんな感じやったんや!
おかもと
例を挙げるとこんな感じです

あずまさん大元君役をしてください

あずまさん
あいよ!

聖書クイズ!

おかもと
アダムの妻は何という名前?
あずまさん
エバ!
おかもと
正解!
あずまさん
イスラエルの最初の王の名前は?
おかもと
サウル!
あずまさん
正解!
おかもと
まぁこんな感じです

そこでお父さんである牧師さんはこう言いました。

”おかもと君もよく知っているね しかしエホバじゃなければいいのにな~”

島西牧師
当時知られていたんですね 
おかもと
母が伝道で大元君の家に行ってたので、それでどうも分かったようです
島西牧師
当時お母様から反対はされなかったのですか?
おかもと
実は反対されなかったんですよ

母自身も大元君のことは好きでしたしね

 

続きはその5で・・・

あずまさん
2学年進んだな!
島西牧師
確かにそうですね
あずまさん
続きは小学校3年に戻るんか?
おかもと
いやいや

次は中学校からです

あずまさん
まぁ楽しみにしとるわ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 聖書を学びなおしてみませんか? , 2019 All Rights Reserved.