エホバの証人のみなさん 元エホバの証人のみなさん

私のエホバの証人だった履歴書 パート時代 その12

おかもと
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。
あずまさん
うん

今日はなんか嫌な予感がするな!

おかもと
履歴書のお話しですか?
あずまさん
そうやねん

あんさんのお話しが気になるんやな

島西牧師
私も気になっています

またお話しください

 

登場人物

おかもと

ついにエホバの証人となる
いづづ物産でパートとして働く
ごごう会衆からさかな会衆に引っ越しした

おかもとの母
ごごう会衆からさかな会衆に引っ越しした主婦
開拓者になって忙しく伝道活動に携わる

榊原兄弟

さかな会衆の長老
建設会社を経営している
さかな会衆の人たちから受けがよくない
〇〇団榊原組と呼ばれる異名がある

石田兄弟

さかな会衆の長老であり、主催監督
大手重工業メーカーで働いていた経験がある
榊原兄弟とは対照的で、とても物静かな方である

注意※ 会衆名、登場人物は全て仮名です。

 

さかな会衆の印象とは

さかな会衆に引っ越ししてきて思ったことは、服装の派手さが全くないことです。

ごごう会衆の兄弟たちの場合は、カラフルなスーツを着たり、姉妹たちの服装もけっこう派手でした。

おかもと
太田兄弟の場合はピンク色のシャツを着ていましたね
あずまさん
漫才師みたいやな・・・

さかな会衆の場合、スーツのシャツの色は必ず白であることが暗黙のルールとして成り立っているようです。

そして姉妹が着る服もとても地味なものでした。

これに関しては、ものみの塔や目ざめよの雑誌などで自分の服装を決める場合、エホバに喜ばれるかどうかを考えているからだと思います。

特に暗黙の決まり事の多いさかな会衆の場合は、そういった傾向が強い会衆なのです。

逆にごごう会衆の場合は、暗黙の決まり事が少なく、特に太田兄弟や長老である有瀬兄弟は指摘しないのでかなり自由に過ごせます。

なので地域監督からごごう会衆のことを嫌味っぽく自由の民だと言われていました。

あずまさん
そういや~島ニッさんもメッセージをするときはノーネクタイやな!
島西牧師
私も自由の民ですから・・・

私の場合は太田兄弟が私の研究司会者だったということもあり、服装についてもかなり太田兄弟の影響があるため、少しカラフルなシャツを着て集会に行っていました。

なので、陰ではかなり私の悪口を言われていたようです。

 

バプテスマを受ける前の討議を受ける

早速私はバプテスマを受ける前に、さかな会衆の長老である榊原兄弟と石田兄弟を自宅にお招きして討議することになりました。

あずまさん
えっ!!

エホバの証人ってバプテスマを受ける前にわざわざ長老を呼んで討議するんや

島西牧師
確かに驚かれますよね

私たちの場合は、牧師と祈ってからバプテスマを受けるので簡単なものなので、エホバの証人とは異なりますよね

あずまさん
それとおかもっさんは引っ越ししてきて間もないのに、長老と呼ばれる人はおかもっさんの情報のことどうやって分かったんや?
島西牧師
あずまさん・・・

それは伝道者カードというものがあって、エホバの証人一人一人の情報がそれに書き込まれているのです

おかもと
それを見れば、どれだけ伝道をしているのか?

ものみの塔などをどれだけ渡したか?が書かれていますね

あずまさん
学校でいう通知表みたいなもんやな・・・怖い話やで!

ついにバプテスマを受ける

いよいよ夏の地域大会が始まります。

小学生だった時は行きたくない地域大会でしたが、とても楽しみなイベントとして待ち遠しかったことが記憶に残っています。

あずまさん
よう考えたら職場には休みもらえたんか?
島西牧師
そうですよね

ごうかい商店の時はかなり苦戦していたようですが・・・

おかもと
ごうかい商店の時は、社長がかなり厳しかったのですが、いづづ物産の時はすんなり有給休暇をもらえましたね

この時の地域大会の場合は、いつもと違います。

持ち物に水着も入れていたからです。

つまり地域大会でバプテスマを受ける為です。

バプテスマを受ける前はかなり緊張しました。

受け終わった後は、私は一生エホバの証人として生きていく!

そう決心した日でした。

あずまさん
いよいよバプテスマを受けたんやな・・・
おかもと
この時にエホバの証人になりましたからね
島西牧師
気持ちはどうだったのですか?
おかもと
やっとエホバの証人になることができたので、すがすがしかったです

これで永遠の命を得る条件を手に入れたと言う感じですね

あずまさん
なるほどな

エホバの証人の神学は”救われつつ”やから救いが確定しとらんもんな・・・

 

続きはその13で・・・

島西牧師
やっとバプテスマでしたね
おかもと
そうですね

やっとでしたね

あずまさん
次はどんな話をするつもりなんや?
おかもと
次はいづづ物産で働いているエホバの証人についてお話ししていきたいですね
島西牧師
また次もお聞かせください

 

この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 聖書を学びなおしてみませんか? , 2019 All Rights Reserved.