エホバの証人のみなさん 元エホバの証人のみなさん

私のエホバの証人だった履歴書 パート時代 その11

おかもと
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。
あずまさん
おかもっさん!!

新しい生活は慣れてきたんかいな?

おかもと
えっ?

どういうことですか?

あずまさん
エホバ証人だった履歴書の話やがな!!
おかもと
ああ!そういうことですか
島西牧師
私もお聞きしていてすごく順調な生活を送られていたんだなと思っていましたが・・・
おかもと
当時は確かにそうでしたね
あずまさん
また続き聞かせてもらえへんか?
おかもと
いいですよ

お話ししますね

登場人物

おかもと

エホバの証人となる伝道者

いづづ物産でパートとして働く

ごごう会衆からさかな会衆に引っ越しした

おかもとの母

ごごう会衆からさかな会衆に引っ越しした主婦

開拓者を目指す

太田兄弟

うみべ会衆からごごう会衆に引っ越してきた兄弟

ごごう会衆の奉仕の僕となった

おかもとの研究司会者

浜崎兄弟

さかな会衆からごごう会衆に引っ越ししてきた兄弟

太田兄弟の親友である

おかもとのよき相談相手

脇元兄弟

さかな会衆の奉仕の僕

ものみの塔の宣教訓練学校(MTS)出身者

おかもと曰くくせ者らしい・・・

注意※ 会衆名、登場人物は全て仮名です。

 

さかな会衆に引っ越ししてから・・・

私たち家族は、ごごう会衆からさかな会衆へ引っ越ししました。

そしてさかな会衆の兄弟姉妹たちに温かく迎えてもらうことができました。

長老お二人とも難しい人であると聞いていましたが、会衆に交わり始めた当時は全くそう思うことはありませんでした。

ちょうどそのころ、私は太田兄弟の友人である浜崎兄弟に呼び出されました。

この浜崎兄弟とはさかな会衆で交わっていた経験のある兄弟なのです。

浜崎兄弟は私にさかな会衆の問題点を伝えることで、身構えておくようにと忠告したかったのだと思います。

浜崎兄弟
おかもと君

いや伝道者だからおかもと兄弟だよね!!

よく来たね!

おかもと
兄弟のお宅に訪問するのは初めてですね
浜崎兄弟
さかな会衆には慣れた?
おかもと
長老兄弟もいい人そうですし、兄弟姉妹もすごく親切にしてくれていますよ
浜崎兄弟
えっ?それって本当なの?信じられないな・・・
おかもと
えっどういうことですか?
浜崎兄弟
僕がいた時はとにかくいろいろ問題があったんだよ

まぁさかな会衆の長老お二人とも不完全な人であり問題のある人たちなんだけど、それでもエホバに認められた人なんだよね・・・

おかもと
そうなんですか?
浜崎兄弟
何度も言うようにさかな会衆の人たちが皆いい人とは限らない・・・それは今いるの”ごごう”会衆も一緒だけどね
おかもと
なるほど・・・

ということはごごう会衆も浜崎兄弟から見ると問題ありなのですか?

浜崎兄弟
そう言えるね!そうそうMTS出身の脇元兄弟にあった?
おかもと
会いましたよ

でも癖がある兄弟ですよね

浜崎兄弟

めっちゃ癖があるんだな脇元兄弟って・・・

それでもエホバから認められている兄弟なんだよね

END

そして数日後、太田兄弟から私たち親子に対して呼び出しがあり、太田兄弟がこのように言いました。

”さかな会衆へ行っちゃったか・・・”

母親はこう言いました。

”でもさかな会衆の人たちはみなさんお優しい人たちですよ。特に長老兄弟はものすごく優しいです”

普段文句を言わない(・・・というか聞いたことが無い)太田兄弟がこう言いました。

”さかな会衆の長老!!僕は嫌だよ”

何かあるのだろうか?そして何が待ち受けているのだろうか?

ものすごく私は気になりました。

あずまさん
しかしエホバの証人もイエス様の愛とか学ばんの?
おかもと
いえ学びますよ
島西牧師
私はこの理由についてこう考えます

私たちはイエス様の贖いの犠牲を信じていますよね

あずまさん
確かに信じとるな
島西牧師
そしてその福音を信じています

なので私たちの罪は神様から赦されているのです

おかもと
それとどう関係があるのですか?
島西牧師
神様から罪が赦された!

”ヤッター”という実感がエホバの証人には無いと思われますね

あずまさん
なるほどな

神様から罪を赦してもらえたらなら、人を裁くことはできへんということやな

島西牧師
マタイ18章21節から35節に書かれているイエス様の例えですね
あずまさん
一万タラントンのような大金を借金している家来に対して王様が借金を肩代わりしてくれたのに、その家来は百デナリオンのような少額を借金していることに対して怒っていたというやつやな・・・
おかもと
この例えは、エホバの証人時代よく分からなかったのですが、今は分かるようになりましたね
島西牧師
この例えは罪赦された人しか分からないような気がいたしますね
あずまさん
・・・と言っても難しいわな

ちょっとのことでわしらはすぐ人を裁いてしまうし・・・

島西牧師
だからイエス様に祈りによって助けてもらう必要があるのです

もちろん私も罪びとですから人の事はなかなか言えませんが・・・

 

エホバの証人は間違っているのかな?

私はもしかしたら組織が間違っていて、集会に通い続けても伝道をしても全てが無駄なのではないかと思うようになります。

なぜならエホバ神が本当に人を愛しているのであれば、エホバの証人だけ救うことがなかなか考えられなかったからです。

その理由は、パート先にありました。

同じパートとして働いている人が、どう考えてもエホバの証人よりも心優しくとてもいい人に見えたからです。

エホバ神はこういう心優しい人も滅ぼすんだ・・・

そしてエホバの証人であっても奉仕に不活発であれば救われない可能性があることも、受け入れることが難しかったです。

私の兄がこう言っていました。

”エホバ神ってめっちゃ残酷やな・・・ハルマゲドンで自分に不忠実な人間を滅ぼすんやろ?

そしてエホバの証人であっても楽園に行くことが分からんのやろ?”

確かにその通りです。

未信者の旦那さんがいるエホバの証人は、未信者の旦那さんが働いているからこそ生活ができています。

滅ぼされる未信者の旦那さんの稼ぎを、寄付や集会や伝道に行く交通費に充てたりします。

未信者の旦那さんがハルマゲドンから救われるには、場合によっては労働時間を調整してエホバの証人の活動に参加しなければなりません。

人によっては労働時間を調整することが不可能な場合もあります。

また病気になっている方や、障がいを持っている人についても同じことが言えます。

私は障がい者の為の就労支援施設にお世話になったことがありますが、施設では歩くことも話こともなかなかできない方が数名通っておられます。

障がいをお持ちの方が伝道をすることは至難の業です。

組織は障がいをお持ちの方は、施設などで伝道をすることができますと言いますが、健常者の方であっても救いの確信が持てないのに、障がい者の方が本当に救いの確信が持てるのだろうかと考えてしまいます。

果たしてそれが本当に神の目的なんだろうか・・・

しかしこの時の私は、とにかくエホバの証人の組織が正しい何が何でも正しいんだと自分にそう思わせて頑張っていきました。

あずまさん
 エホバの証人への忠誠を誓ったわけなんやな・・・
島西牧師
私たちは救われるには信仰しかないと教えます

救いは信仰しかないのであれば救いに至るハードルはグッと下がります

あずまさん
・・・というかハードルは無いに等しいやろ
おかもと
えっどういうことですか?
島西牧師
つまり聖書には、イエスキリストの福音を心から信じた人が救われると書かれています

救われる為に奉仕活動などの頑張り行為は全く必要無いのです!!

あずまさん
だからな・・・

エホバの証人しか救わへんのは、どう考えても愛ある神様がとられる行動やないやろ!

島西牧師
人はイエス様への信仰により恵みによって救われます

救いは賜物・・・そうギフトなんです

 

続きはその12で・・・

あずまさん
おかもっさん!!

何か嫌な予感がするな・・・

島西牧師
確かにそうですね
おかもと
次は・・・
あずまさん
エホバ辞めるんか?
おかもと
いえ

まだ辞めません

あずまさん
何や

また聞かせてな!!

この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 聖書を学びなおしてみませんか? , 2019 All Rights Reserved.