エホバの証人のみなさん 元エホバの証人のみなさん

徹底検証!エホバの証人が語るエホバは本当に神の名前なのか? 

おかもと
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。
あずまさん
おかもっさん!!

エホバの証人の人たちが言うとるエホバって神様の名前って知っとった?

おかもと
そりゃもちろん知ってますよ!
あずまさん
でも神様の名前ってヤハウェというのも知っとった?
おかもと
もちろん知ってますよ!

しかしどういう経緯でヤハウェではなくエホバになったのかは分かりませんが・・・

あずまさん
・・・という話をしよったら島ニッさんがこっちに来よった
島西牧師
いや~神様の名前で盛り上がってますね!

私も混ぜてもらってもいいですか?

おかもと
島西牧師!

エホバの名前って本当に神様の名前なのでしょうか?

島西牧師
いい質問ですね

今回は神様の名前が本当にエホバなのかを徹底的に解説していきましょうか?

 

エホバの名前の由来とは?

エホバの証人または元エホバの証人の方なら分かると思いますが、エホバとは神様の名前です。

英語ではJehovah(ジェホーバ)と発音します。

私がエホバの証人だったころ、ヤハウェなのかエホバなのかどっちが正しいのかを調べた覚えがあります。

ものみの塔が出版している”目ざめよ!”という雑誌を見るとこう書かれています。

神は,時にテトラグラマトン(四文字であるYHWH)として呼ばれる特有の名前を持っておられます。
~~~~~~~~~~~中略~~~~~~~~~~~~~~~

このテトラグラマトンはどのように発音すべきでしょうか。そのヘブル語の正確な発音はわからなくなってしまいました。というのは,古代のヘブル語には母音の文字がなく,問題の発音は口伝えで伝えられていたためです。普通,英語の場合第2音節にアクセントを持つ「Yahweh」(ヤハウェ)と「Jehovah」(エホバ)という2種類の語形が用いられています。

出典:エホバの証人公式WEBサイトより

あずまさん
この文書を見るとヤハウェの方が信憑性があるよな
島西牧師
しかしエホバの証人はエホバと言う名前を採用します

続く目ざめよ!の文書をご覧ください

こうした見解からすれば,エホバの証人はどうして「ヤハウェ」よりも「エホバ」を用いるのを好んでいるのでしょうか。一つには,「ヤハウェ」を好む人びとさえ認めるとおり,これが本来の発音であると確言できる人はひとりもいないからです。そのうえ,「エホバ」という語形は,広く用いられ,よく知られていますが「ヤハウェ」の場合はそうではありません。「ヤハウェ」は明らかに字訳ですが,一方「エホバ」は翻訳された語です。

出典:エホバの証人公式WEBサイトより

島西牧師
エホバの証人はエホバと言う名前の方がよく知られているから、エホバという名前を採用しているということです

 

現役のエホバの証人はこのことを理解しているのか?

私は久々にエホバの証人の人とお話しする機会がありました。

”エホバという名前は旧約聖書が書かれた時代には無かった名前ですよね”と質問すると、エホバの証人のご婦人はこのように答えてくれました。

”イザヤ書の写本にエホバという名前があります”

私はそれが書かれている記事を見せてくださいと答えると、JW.ORGのホームページアドレスが書かれた紙を渡されました。

”ここにそれが書かれていますよ”

私は家に帰ってエホバの証人公式WEBサイトを検索して調べてみました。

しかしそのことが書かれている記事を探し当てることはありませんでした。

あずまさん
なんや!

ハッタリやったんか!

島西牧師
いやいやあずまさん

実はエホバの証人でもエホバよりもヤハウェの方が正しいのではと考える人もいらっしゃいます

しかしエホバの方が馴染みがあると言う理由でヤハウェよりもエホバを使っているのが現状でしょう

あずまさん
ホンマかいな!

 

因みにエホバという名前の由来をものみの塔以外ではどのように解説しているのか?

このことを解りやすく解説しているサイトによると、このように書かれています。

島西牧師
中川健一牧師の解説文を引用いたしますね

旧約聖書では、契約を結ぶ神の御名として、ヤハウェという名が啓示されました

ところで、ユダヤ人たちは、神の御名を発音することを恐れ、「יהוה (YHWH)」という御名が出て来ると、それを「אֲדֹנַי (アドナイ)」と読み替えました。アドナイとは、「我が主」という意味です。

このことを理解しない後代の学者が、本来は「אֲדֹנַי (アドナイ)」と発音すべき言葉を、「Jehovah(エホバ)」と読むようになりました。その結果、この読みが一般に広がるようになりました。

出典:聖書入門.COMより

おかもと
なぜ神様の名前を言うことが恐ろしいと考えるようになったのですか?
島西牧師
恐らく出エジプト記そして申命記に書かれている聖句をそのまま従ったのでしょう

出エジプト記20章7節
あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。

申命記5章11節
あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。みだりにその名を唱える者を主は罰せすにはおかれない。

出典:新共同訳聖書より

おかもと
どういう意味なのですか?

状況として考えられるのが、神の名前を使って約束を破ったり、神の名前により嘘をついたり、呪いの言葉に神の名前を使ったりすることです。

島西牧師
簡単に言えば神様の名前を悪用することですね

恐らく旧約聖書が書かれた当時、神の名前を悪用して使った人々が多くいたのでしょう。

それらの人々は呪われてしまったので、そのことから当時のユダヤ人は神様の名前を使うことをやめてしまったと考えることができます。

 

エホバという名前は合成語である?

私は元エホバの証人で、現在は北海道で伝道をされている小崎牧師にこのように質問しました。

”エホバという名前は神様の名前ですか?”

小崎牧師からこのように回答を頂きました。

”エホバという名前は合成語なのです。このことはエホバの証人も理解しています。”

合成語?何のこと?と思いましたが、ウイキペディア英語版にこう書かれていました。

YHWHの子音字にアドナイの言葉の母音を合成すると、YeHoVaH(イェホバ)となる。

これがエホバという名前の由来である。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)より

おかもと
ええ!

じゃエホバは神様の名前じゃないですよね?

島西牧師
確かにそうかもしれませんね

 

エホバという名前を使うべきなのか?

エホバという名前は合成語であることが分かりました。

しかし、実はキリスト教の教会でも”エホバ”という名前を用いています。

あずまさん
エホバという名前を使こうとる牧師は割と年配の人が多いんとちゃうかな
島西牧師
あずまさんの言う通りですね

最近は私たちはヤハウェという名前を用いていますね

キリスト教でも、昔は神様の名前をエホバと呼んでいた時代があったようです。

現在は考古学の研究が進み、神様の名前がエホバよりもヤハウェではないかと考える人たちが増えてきたようです。

おかもと
ということは島西牧師はヤハウェの証人であるということでしょうか?
島西牧師
いいえ

私たちはヤハウェの証人であり、イエスの証人でもあります

あずまさん
そして聖霊様の証人でもあるわけやな
おかもと
どういうことですか?
島西牧師
肝心なのは父なる神であるヤハウェ、子なる神であるイエス様、聖霊なる神である聖霊様を一つの神様としてそれに信仰を持っているのかが大切なのです
あずまさん
つまり三位一体の神様やってことや!

肝心なのは、神様はエホバでありイエスである、そして聖霊であること。

エホバまたはヤハウェを三位一体の神様として信じているかどうかが大切なのです。

島西牧師
エホバの証人の人たちは、信仰の対象が父なる神だけですよね

しかも統治体が間に入っているとしています

あずまさん
聖書的にみれば、神様とわしらは一対一の関係なんやな
島西牧師
さらに言えば、イエス様の贖いの犠牲がなければ神様に近づくことはできませんし、聖霊様の働きがなければ祈れません
おかもと
つまりいくらエホバに祈ったからと言って、その祈りが聞かれることは無いと言うことでしょうか?
島西牧師
そう答えることができるかもしれませんね

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エホバという名前は合成語であり、比較的昔のクリスチャンが使っていたということです。

最近はヤハウェの方がよく使われる名前であるということです。

肝心なのは、エホバでもヤハウェでも三位一体の神様として認識しているのかということです。

島西牧師
今回は少し難しい内容だったのではと思います

もし内容を詳しく知りたい方は、聖書信仰のある教会の牧師に聞いてみてください

オススメ教会のページへ

この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 聖書を学びなおしてみませんか? , 2019 All Rights Reserved.