エホバの証人のみなさん 元エホバの証人のみなさん

エホバの証人ってどこがやばいの?

おかもと
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。
あずまさん
おかもっさん!

今日駅前にエホバの証人の人がおったで!

おかもと
たぶん街路伝道をしているのでしょうね
あずまさん
あの人らの報酬は何なん??
おかもと
お金をもらっているわけではないのですが、奉仕時間がある意味”報酬”となっていますね

エホバの証人はこの日本でも多くの信者が住んでいます。

2016年のデータですが、日本のエホバの証人の伝道者は214,173人います。

つまり約500に一人がエホバの証人ということになります。

あずまさん
しかし輸血拒否やら聖書改ざんやらいろいろええことやっとるよな?

わしらからみたらカルトにしか見えんで

島西牧師
確かにそう言えるところはありますね

しかしおかもとさんを含め、エホバの証人の本人は悪いことをやっている意識は全くありません

むしろ奉仕をしている・・・

つまり良いことをしていると思っております

おかもと
私もすごく良いことをしていると思っていましたよ

しかしエホバの証人のどこがやばいのですか?

あずまさん
いやいやおかもっさん

あんさん分かってへんの??

島西牧師
あずまさん ちょっと落ち着きましょうか

それではどこがやばいのかを一つ一つ説明していきましょうか?

やばい指数20 聖書を改ざんしている

これは日本にいるエホバの証人ではよく知らない事実です。

アメリカ人の牧師曰く”アメリカでは新世界訳は全く低レベルな聖書”であると認識しているようです。

島西牧師
アメリカは日本よりも数十倍キリスト教徒が多い国の一つです

なので聖書を読んでいる人々も日本よりも多いわけです

したがってそう答えることができるのです

さらにアメリカでは新世界訳聖書はエホバの証人しか用いない聖書であるとも認識されています。

あずまさん
なるほどな

しかし島ニッさん

新世界訳はわしらが使こうてる聖書とどう違うんや??

島西牧師
エホバの証人が用いている新世界訳は、新改訳、新共同訳と比べるとエホバの証人の教理が入った聖書と言えます
島西牧師
つまり聖書を改ざんすることで、聖霊様や地獄からの救い、熱情の神などの教理を全て否定しているということです
あずまさん
へ~えらいもん信じとったんやな おかもっさん!!
おかもと
ええ?

私ですか??

島西牧師
とりあえずあずまさん!! 落ち着きましょうか!

 

やばい指数30 教理がよく変更される

これもよく行われています。

私が現役信者だった時もよく教理が変更されていました。

教理変更がなされるときにある聖句が引用されます。

それは・・・

箴言4章18節

しかし,義なる者たちの道筋は,日が堅く立てられるまでいよいよ明るさを増してゆく輝く光のようだ。

出典:新世界訳聖書より

あずまさん
どういう意味なんや?
島西牧師
これは義なる者(エホバの証人)の道筋(聖書教理)は明るさを増していく光(徐々に明らかになる)ということです
おかもと
実はこの箇所は、私が現役時代に割り当てで演壇で解説した内容ですね
島西牧師
つまり言い換えるとエホバの証人の聖書教理は改版されていくものなんだということです
あずまさん
わしは車の部品メーカーにおったけど、部品はどんどんええものに改版されていくやろ?

だからこれだけ見ると納得してしまう気がするな

私も以前はコンピューター会社に勤務していましたが、PCのソフトやPCを操作する手順書は改版されるたびに良くなっていく実感がありました。

このブログも改版しています。

私はこのブログの記事内容をブラッシュアップしたり、文をつけ足したりしています。

エホバの証人の為に聖書は書かれている?

しかし教理変更でエホバの証人が引用している箴言の聖句は、ソロモンがエホバの証人の為に書かれた聖句なのでしょうか?

さらにソロモンが数世紀後に教理変更があることを見越して書いた聖句でしょうか?

島西牧師
違いますね

聖書は神の霊感を受けて書かれています

では神様はイスラエルの民をはじめ、地上のすべての人々に聖書を与えています

聖書はエホバの証人を中心にして書かれていないということです

 

肝心な預言が間違えていたらその組織は信用できるか?

島西牧師
そして肝心の予言が改版されたらどうでしょうか?

納得しますか?

あずまさん
えっ!!

予言まで改版されとるんか

私が現役信者だったころ、終わりの日は1914年の世代が生きている間に起こるものとされていました。

あずまさん
今2018年やろ?

仮に1914年に生まれた人が生きていたら104歳になっとるよな

島西牧師
なので改版が必要になっているということです

2018年のエホバの証人の教理はこのように改版されています。

2つ目のグループが生きている間に終わりの日が来るとしています。

これにより2050年まで教理変更しなくても持ちこたえることができます。

 

エホバの証人が本当にかわいそうだ!!

私がこのブログ作成を始める前に訪れた、西舞子バプテスト教会の牧師先生がこうおっしゃっていました。

”世代の解釈が変更しているのをおかもとさんはご存知ですか??こんなコロコロ変わる教理は本当にありえん!!エホバの証人の信者本当にかわいそうだ!!!”

島西牧師
因みに西舞子バプテスト教会の牧師先生はわたしよりもエホバの証人の知識がある専門家です

恐らくエホバの証人の長老・・・いや監督よりも内部事情に詳しい先生ですね

エホバの証人は終わりの日が近いと言い続けてきた宗教であると言えます。

しかしコロコロ教理も預言も変更されていくのは私も納得することはできません。

 

やばい指数50 排斥されると以前の信徒仲間から無視される

これは実際に私が受けた経験です。

私は会衆の長老に”もう集会には行きません”といいエホバの証人を辞めました。

その一年後・・・

会衆の人たちが当時私が住んでいたマンションを伝道していたときのことです。

マンションに住んでいる人たちには挨拶するのですが、私には挨拶しません。

会釈しても挨拶してくることはありませんでした。

このことは坂根真理さんがお書きになられた、解毒という本で詳しく書かれています。

島西牧師
解毒という書籍はエホバの証人の内部事情を詳しく記載されている書籍ですね

 

やばい指数70 予言が外れている

今のエホバの証人は、1975年に終わりの日を予言していたことを認めています。

しかしそれは一部のエホバの証人がそう思っていたこととしてものみの塔に記事として載せています。

今のエホバの証人が認識している過去の予言は1914年と1975年の二つをあげています。

しかし過去のエホバの証人はそれ以上予言をして全て外しています。

島西牧師
実は1914年よりもラザフォードが予言した終わりの日は1925年に起こるとされていました

このことは今のエホバの証人は知らない教理ですね

 

やばい指数100 虐待やいじめが行われている

おかもと
エホバに仕えている人たちだからいい人が多いな

これは私が集会に行きはじめた時に感じた思いです。

私が子供のころに思っていたのは、”何ていい人達なんだろうか”ということでした。

しかしその思いは引っ越しして違う会衆に行ってから悪夢へと変わります。

おかもと
エホバに仕えている人たちなのに何で悪い人たちが多いんだろう?

私が母親と移った会衆では様々なことが行われていました。

1、姉妹が仲間の姉妹から嫌がらせを受けて精神病を患っている

2、年若い兄弟が近隣の姉妹と性的関係を持ち続けている

3、奉仕時間をごま化している

〇4、いじめられている兄弟たちに、エホバの証人の訪問お断りの家にわざと訪問させるよう仕向ける

〇5、長老兄弟が年若い兄弟に対してパワハラをする

6、会衆が一致していないため、王国会館予定地が決まらない

〇7、自慢を常にしている兄弟姉妹がいる

8、車で暴走行為に走る兄弟がいる

あずまさん
なんかコリントの会衆みたいやな

〇をつけているものは、私が被害になっています。

他にも細かなものや、母親が経験したことを含めると書ききれないほどの事が起こっておりました。

印象に残っている経験をお話しすると・・・

私はとにかく勉強ができなかったので、まともな高校に行くことはできませんでした。

そのことを知った年若いエホバの証人は、私をひたすらいじめてきました。

そしてついにこういう言葉を私に言います。

”いじめられる原因はいじめられる方にある”

あずまさん
この人ホンマに聖書学んでいるんか?
おかもと
 この年若い兄弟の家族は神権家族なんですけどね
あずまさん
神権家族ってなんや?
島西牧師
神権家族とは家族全員がエホバの証人ということです

こういう家族は会衆内から模範として扱われていますが、実際は家庭が崩壊している家族が多いようです

 

なぜ会衆内で問題が起こっているのか?

島西牧師
私が思うには大きく分けて2つ原因があると思われます

一つ目はエホバの証人は決まり事が多い

これは私が求道者時代に、マスターシードクリスチャン教会京都のセス牧師が教えてくれた言葉です。

”おかもとさん、エホバの証人は聖書の教えを必要以上に守る人たちです”

エホバの証人をやっていくには、様々なエホバの証人独自の決まり事守らなければなりません。

特にこのことはエホバの証人のお子さんにはとても悲劇的です。

例を挙げると下記に書かれている様々な学校行事に参加することができません。

クリスマス会の不参加

生徒会への投票の禁止

柔剣道、ナギナタの禁止

校歌斉唱の禁止

給食のクジラ肉を食べてはならない

誕生会へ出席することの禁止

あずまさん
なんかイスラム教みたいやな!
おかもと
私が子供のころ本当にこれは辛かったですね
島西牧師
決まり事、つまり律法を必要以上に守るとどうなのか?

新約聖書に出てくる一世紀のパリサイ派の人たちが物語っていますね

必要以上に決まり事を守ってしまうと、を裁いたりしてしまいやすくなります。

あずまさん
つまりどういうことや?
島西牧師
自分は辛くてしんどい決まりを守っていると、他の人で決まりを守っていないのを見ると裁いてしまいます

これは罪びとの人間心理かもしれませんね

 

二つ目はエホバの証人の組織は階層になっている

島西牧師
エホバの証人は働きによってピラミッド構造になっています
おかもと
どういうことですか?
島西牧師
図で説明しますね・・・

エホバの証人の働きで一番目立っているのが、開拓者ではないでしょうか。

私が一番開拓者で奉仕している、私が一番人を導いている・・・

なぜ他の人は開拓者にならないの?なぜ人を導かないの??

島西牧師
開拓者の兄弟や姉妹が本当にそのように思っているのかどうか?

疑問があるかもしれませんが・・・

おかもと
確かに・・・

会衆では特に女性の一番上位の特権が開拓者でしたね

それより上を目指すには、長老または奉仕の僕の兄弟と結婚するしかないと言っていた兄弟もいらっしゃいました

私の経験上、開拓奉仕をしている兄弟姉妹ほど、裏表のはっきりしている人は多かったように思います。

つまりエホバの証人で培った新しい人格と、古い人格がはっきりでてしまう人ということです。

島西牧師
新約聖書に出てくる一世紀のパリサイ派の人たちは自分たちが偉いと認識していました

恐らくエホバの証人も同じ考えになっている人もいるのではと考えます

 

因みにキリスト教会の場合はどうか?

キリスト教会の場合は一番上が聖書になっています。

島西牧師
上記は私たちのプロテスタント教会の例になります

キリスト教会によっては牧師、牧師先生というところもありますが、基本的には牧師も一般信徒と同じです。

島西牧師
私たちは牧師も信徒も同じイエス様に招かれた教会の一員と考えています
おかもと
島西牧師・・・

エホバの証人も聖書が一番上ですよ!

島西牧師
なるほど・・・

それではおかもとさん

エホバの証人全体のピラミッドストラクチャを見てみましょうか

島西牧師
会衆内での長である長老まで至るには統治体から支部委員、さらに監督までも地域監督や巡回監督と分かれています
あずまさん
わしらのようなキリスト教会の方がシンプルやろ??

わしは教会内で音響やっとるけど、音響やっていない人に対して怒ったりせえへんし・・・

あずまさんの言う通りキリスト教会では、エホバの証人のように働きがどうだからと言って人を裁くことはほぼ無いといってもよいです。

 

やばい指数500 輸血を拒否している

エホバの証人と言えば輸血拒否で有名です。

輸血拒否が原因で亡くなられるエホバの証人は少なくありません。

おかもと
輸血拒否は別にやばくないですよね?

私は絶対に輸血拒否しますよ

あずまさん
もしおかもっさんが明日輸血せんかったら死ぬと言われていてもか?
おかもと
もちろんです

死よりも永遠の死の方が怖いですよ

島西牧師
そう思うエホバの証人は多いですよね

つまりエホバの証人は死よりも永遠の死を恐れます

だから輸血を拒否することができるのです

あずまさん
ホンマにわしにはよう分からへんけどな・・・
島西牧師
輸血拒否については別記事で説明したいですね

 

やばい指数1000 エホバの証人をやっていても実は救われない可能性が高い

エホバの証人は一般のキリスト教の人たちとは異なり、救いの実感を持っていません。

つまりエホバの証人をやっていても、自分は救われたという実感がないのです。

このことはエホバの証人である私の母親も理解していました。

”バプテスマを受けていても地上の楽園に行ける保証は無いの”

”だから伝道をして集会に行き聖書学習をしないとダメなのよ”

このことは新世界訳聖書にもはっきり書かれています。

ルカ13章23節前半

さて,ある人が彼に言った,「よ,救われつつある者は少ないのですか」。

出典:新世界訳聖書より

あずまさん
つまりエホバの証人をやっていてもわしらのように100%救われると教えていないんやな
島西牧師
これが異端と呼ばれている理由の一つですね

 

そもそも救いとは・・・

この救いの定義がエホバの証人と一般のキリスト教とは異なります。

島西牧師
分かりやすくするため表にしてみました。
エホバの証人の救い 無意識無存在となる死からの救い
一般のキリスト教の救い 地獄からの救い

エホバの証人の救いとは、無意識無存在となる永遠の死からの救いを意味しています。

それに対してキリスト教の救いとは、永遠の地獄からの救いです。

おかもと
ではキリスト教の場合は救われた後どこに行くのですか?
島西牧師
これも表にしてみましょう
エホバの証人の場合 地上の楽園(144000人のみ天国)
一般のキリスト教の場合 天国
あずまさん
エホバの証人の場合、144000人しか天国に行かれへんのやな・・・
島西牧師
これも人間的な都合により、144000人しか天国に行けない理由があります

今回はそこは省略いたします

 

聖書はイエスキリストを主と認めれば100%救われる?

おかもと
ルカ13章23節は別の聖書ではどう書かれているのですか?
島西牧師
それでは新共同訳の聖書を引用いたしますね

ルカによる福音書13章23節a

主よ救われる者は少ないのでしょうか

出典:新共同訳聖書より

島西牧師
新共同訳では救われると書かれています
あずまさん
わしらはエホバの証人と違い救いを確信しとるんや
島西牧師
私たちの教会では、洗礼または信仰告白をした人は皆救われていると認識していますね

 

えっみなさん100%救われていると実感されているのですか?

これは私がハーベストタイムの聖書サマーキャンプに参加されている人たちに言った言葉です。

島西牧師
因みにハーベストタイムのサマーキャンプは、簡単に言えばエホバの証人でいう地域大会のようなものです
おかもと
えっみなさん救われていると思っているのですか??

この問いに対して質問したすべての人たちは・・・

”はいそうです”

”私は100%救われています”

”私は福音の3要素を信じているので救われています”

”もちろん救われていると思っています”

・・・と言っていました。

そのあと、同じ人たちにこう質問しました。

おかもと
救われているのであればサマーキャンプになぜ行くのですか?

”私は救われたからサマーキャンプに来ているのです”

”私は救われたので、もっと聖書の勉強をしたいと思っているのです”

質問をしたすべての人たちが自分は救われたから来ているということです。

つまりエホバの証人のように救われるために集会に行っている、救われるために伝道をしている、救われるために聖書勉強をしているのではないのです。

 

救われる実感とは・・・

私おかもとは、2018年10月7日に信仰告白をして、10月28日に洗礼を受けました。

信仰告白をしていてもエホバの証人のように自分は救われているのかどうかという不安がありましたが、今は100%救われたんだなと自覚するようになりました。

その根拠となる聖句を引用いたします。

ヨハネ3章15節~16節

信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで永遠の命を得るためである

出典:新共同訳聖書より

独り子であるイエスキリストを信じる者は一人も滅びないと、聖書ははっきり書かれています。

聖書を100%神の言葉と認識し、イエスキリストを救い主として認めるならば、自分は100%救われていると言うことができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エホバの証人をずっとやっていては救いの確信が得られません。

つまり頑張り続けないと、エホバからの救いは獲得できないと思いこんでしまっています。

エホバの証人をやっていて、伝道に行くのがしんどい、集会に行くのもしんどい、聖書研究をするのが難しいと思われた方は、一度教会の牧師と相談されるのもお勧めです。

ぜひ聖書信仰のある牧師へメッセージを送ってみてください。

ご自身で教会を探されるのが難しい場合は、こちらのページを見ていただくこともオススメいたします。

オススメ教会のページへ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
おかもと
私はエホバの証人だった者です。 伝道や集会などの忙しさから自由になりたいと思い組織から離れました。 しかしながら組織を離れてからハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖から脱出することができませんでした。 あるときにインターネット上で見た牧師のメッセージを読み、そして教会に通うようになってから希望を見出すことができるようになりました。 組織に不満があるけどなかなか組織から離れることができない。 またハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない。 このブログを読んでいただき、読者様がそういったことから解放されることを願っております。

Comment

  1. テラダ より:

    クジラの肉
    あれは小学生にはきつかったですね。食べられない理由を先生に言う…献立表で見るたびに憂鬱でした。
    私も母が信者でした。終わりの日が近づいているってずっと聞かされました。母が排斥されたあとに「1914年世代が生きている間」から「その世代を見た人が生きている間」になったらしいと聞き「あほか」と笑いました。
    1981年から1989年、私の小学生時代をまるごと奪われた気がしました。友達の誕生日会なんて行ったこともないし!今でも苦手。でもその思い出も含めて私の子ども時代ですからね。
    今は、エホバの証人だった子ども時代を思いだし再び聖書を読み直して、救われています。
    エホバの証人というクレージーな団体を使って長い時間をかけて救って下さったのかと思います。何とも不思議です。

    • おかもと おかもと より:

      ハレルヤ!
      メッセージ感謝いたします。

      クジラ肉は血のかたまりだから食べれない・・・
      よく母親から聞きかされましたね。
      私の場合は、母親がエホバの証人となった時に学校給食でクジラ肉が出なくなりました。
      ある意味、恵まれていたのかもしれませんね。

      そうですね・・・
      人によっては小中学校時代が楽しかったって言いますね。
      私もエホバの証人という制限された世界で生きてきたので、特に子供の頃は楽しくなかったです。
      1999年前は本当に終わりの時、ハルマゲドンというキーワードが多かったですね。
      1914年世代が生きている間に終わりの時がくると本当によく言っていました。
      今は異なる二つの世代に教理が変わっていますね。
      本当にバカバカしい教理だと思います。
      しかし当時は信じていましたからね・・・

      ついに来る地上の楽園という公開講演と聞いた時に、とても恐ろしくなった経験があります。
      ハルマゲドンがくるのかぁ~
      今の自分は奉仕もまともに行けてないし、異性を性的に見たりしているからハルマゲドンで滅ぼされるかもしれない・・・
      だからハルマゲドンは来ないで!と思っていましたね。

      エホバの証人をやめてから、20年後私は聖書を学び直しました。
      行いではなく信仰による救いであると教えられたとき、自分は救われるんだと思うことができました。
      私もエホバの証人から救われた者ですが、神様の御業は本当に不思議ですね。
      本当に素晴らしいです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 聖書を学びなおしてみませんか? , 2018 All Rights Reserved.